心の底から一人暮らしに戻りたいと誓った

昨日、以前一人暮らしの時によく利用していたスーパーに行きました。何となくです。

このスーパーは一人暮らしにはありがたい少量パックに特化しており、鶏のササミが一つ、水菜が一把から売っていたりします。

また、この一帯はやや高級住宅街なため、ファミリー向けスーパーはちょっとお高め設定で、神戸和牛などをデパ地下に行かなくても買えるくらい便利です。

が、ファミリー向けの肉類は一人暮らし用冷蔵庫なんてものを買ってしまったがために保存が出来ないので不便でした。

冷蔵庫は一人暮らしでも大きい方が使い勝手いいなとか、当時一人分の料理作りが難しくていつも二人分くらいつくってしまい、パスタ料理ばかり作るようになったななどと当時と全く変わらない店内で色々思い出し、心の底から一人暮らしに戻りたいと思いました。

転職先が規模縮小したり、再転職先では人間関係に悩まされ評価もなく、ズルズルと実家暮らしのまま今まで来てしまい、口では一人暮らししたい自立したいと言いつつも不安要素があって、それが言い訳だの本気じゃないやる気ないと言われてしまいましたが、昨日は泣き叫びたくなるくらい一人暮らししたいと心の底から思いました。色々合わない大人同士が暮らしていても大人だからこそお互いしんどいだけだなと思ったのです。

実家暮らしと都会暮らしの考えの相違

私は、田舎で実家暮らしをしている。

地元で働いているから、その代わり長期休暇は買い物や旅行で都会に出かける。

逆に都会に移住した友達は、長期休暇は実家に帰ってくる。

「お正月会わない?」と聞かれても、私は都合悪いから。

いつもそう。なんで都会に出て行った人は、自分中心な考えなのか。

私の立場を考えられないのかね~?そうやっていつも行き違い。

普段の週末にだったらいつでも時間取れるけど、「長期休暇に会おう」って言われるのは厳しい。

前々から予定詰まってるし、大事な貴重な長期休暇。

しかも会って話す内容、子ども・旦那・義理家族の愚痴。

自慢かよ(笑)聞いててうんざりする。

学生時代の友達となんてもう、考えや趣味は随分変わってしまったよ。

ただ同じ年・同じ学校だったっていうだけだよね。