子猫の飼い主が見つかったのが奇跡。

友人の職場の子が、朝子猫を拾って、友人のところに連れてきました。私が猫を飼っていたので、友人から私のところに連絡があって、とりあえず見にきてと言われました。少したって友人の職場に見に行ってみると、まだ二か月にもなってないくらいの子猫でした。ちょっと問題があって、子猫の片目が少し濁っていました。

私の家は猫を1匹飼っているのですが、かわいそうだけど、飼ってあげられないと思いました。とりあえず動物病院に連れていくことにしました。連れて行ったら、色々問題があって、体にノミがいて、耳にもダニがいて、お腹にも虫がいて、お腹も下っていました。とにかく大変な状態でした。

これではなかなか飼い主は見つからないだろうと思って、友人とやってあげられるだけのことはしてあげようという話になりました。とりあえず飼い主が見つかるまでは、友人の会社に置いておくということでした。次の日になって、友人から、子猫の飼い主が見つかったと連絡がありました。

猫を二匹飼っていて、猫好きの人でした。ちょっと奇形があったので、中途半端な気持ちで助けてあげてよかったのだろうか?と悩んでいたところだったので、友人も私もほっとしました。今では幸せに暮らしているみたいで、飼い主さんが写真や動画を送ってきてくれます。あの時助けてあげたことは間違っていなかったんだと思いました。