子猫の飼い主が見つかったのが奇跡。

友人の職場の子が、朝子猫を拾って、友人のところに連れてきました。私が猫を飼っていたので、友人から私のところに連絡があって、とりあえず見にきてと言われました。少したって友人の職場に見に行ってみると、まだ二か月にもなってないくらいの子猫でした。ちょっと問題があって、子猫の片目が少し濁っていました。

私の家は猫を1匹飼っているのですが、かわいそうだけど、飼ってあげられないと思いました。とりあえず動物病院に連れていくことにしました。連れて行ったら、色々問題があって、体にノミがいて、耳にもダニがいて、お腹にも虫がいて、お腹も下っていました。とにかく大変な状態でした。

これではなかなか飼い主は見つからないだろうと思って、友人とやってあげられるだけのことはしてあげようという話になりました。とりあえず飼い主が見つかるまでは、友人の会社に置いておくということでした。次の日になって、友人から、子猫の飼い主が見つかったと連絡がありました。

猫を二匹飼っていて、猫好きの人でした。ちょっと奇形があったので、中途半端な気持ちで助けてあげてよかったのだろうか?と悩んでいたところだったので、友人も私もほっとしました。今では幸せに暮らしているみたいで、飼い主さんが写真や動画を送ってきてくれます。あの時助けてあげたことは間違っていなかったんだと思いました。

超整理法で有名な野口先生と同じ方向性だった私

超整理法というベストセラーで有名な早稲田の野口先生が iPhoneの音声認識を使い文章を書いているYouTube動画を見たのですが、全くスムーズに最初から最後まで音声入力から完璧にテキスト変換しているように見えたのですが、もしいつも大体そんな感じであればやはりiPhoneは高性能なのだなと思うしかないです。

見た感じ普通のiPhoneでしたので私はAndroid端末に外付けマイクなどをつけ高性能化して音声認識を使うつもりで頑張っているのですが素直に普通のiPhoneに切り替えた方がどんなにか効率的だろうと思いました。

私は贅沢にもパソコンにまでアミボイスという音声認識ソフトを導入しているのですが、確か2万円近くしたのですが、未だにまともに使えた試しがありません。

それを考えてもiPhoneにしておけばという思いが一層強くなってしまうのでした。

最近はWindowsOSのスマホまで発売されていますが、chromeブラウザにしたパソコンでかなり使える音声認識があるので一度それをスマホで試してみたかったのですが、

どんなに頑張ってもあのiPhoneには敵わないように思えました。

あの有名な野口先生が音声認識を活用して文章を書いているらしいので、同じようなことをしている私の方向性は正しかったのだと多少自信が持てました。

今日は近所のフリーマーケットに行きました。

近所の清掃事務所で、フリーマーケットがあるとの情報入手!

それは行ってみなくては! なかなかの人出です。出店数は少ないですが、客が多いので、人垣をかき分けて、店をチェックします。

雑貨・リサイクル品が多いですね。お!タグ付きの新品Tシャツ見つけました。値段交渉(このやり取りが楽しいのですよね)します。

ちょっとだけど値引きしてくれたので、交渉成立です。出かけてきたかいがありました。

あとは、ティッシュペーパー5個セットが市販価格の半額です。ちょっと大荷物になりますが、頑張って抱えて帰ります。

あ!いいな~と思ったものを、目の前で他の人に先に買われちゃうと・・とても残念!です。

楽しい時間でした。次回開催をしっかりチェックして、また次回も来なくては! 今日は良い日でした。