身体が不自由でも私はハーレーに乗りたい

私は、足が悪く交通手段は電車かバス、といった生活をしています。ある日親戚がハーレーに乗り出し、私を乗せてくれることに。それから私のバイクライフが始まりました。足が悪い私は自分ではバイクに乗ることが出来ません。

ですが、ハーレー乗りの親戚にバイクで色んな所に連れて行ってもらい、たくさんの知り合いが出来ました。もちろんどこに行っても周りはハーレーばかり。私はのめり込む方なので、ありとあらゆる方法でハーレーの車種や排気量、パーツの名前など調べまくっていました。もう楽しくて仕方ありませんでした。

それから、自分で作っていった知り合いの方達に乗せてもらえることに…。始めは乗せてもらえる感謝と、バイクに乗れるという嬉しさから、本当に心の底から飛び上がるほど嬉しかったです。段々と知り合いも増えていき、元々知り合いだった人達とは、すごく仲良くなり、その人達がツーリングに行くときは、「後ろに乗せちゃるけど、行くか~?」といつも暖かく誘ってくれて、色んな所に連れていってくれました。

普段、車では行かないようなところに行ったり、それこそバイクのイベントに行ったり…。そんな中、知り合いに連れられあるカスタムショップに行くことに。ここの社長が本当に暖かい人で、大切な人たちで、家族のようなチームを作っていて、なんと私も入れてもらえることに…。

簡単に誰でも入れるわけでもないし、私は自分では、バイクに乗れないのに…。そんな時社長や仲間の方に言われたことが「バイクに乗れなくてもバイクは好きやし、みんな家族やろ!」本当に嬉しかったです。

それから、バイクに乗せてもらいイベント等に行くときは、社長のカスタムショップのチームのロゴを背負って、自分でバイクに乗れなくても、胸を張って居ることが出来ました。今でも、私を快く乗せてくれる方達に感謝の気持ちを忘れずに、バイクに乗り続け、いつかは自分で自分のバイクに乗りたいなと思っています。